×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジェットスター航空って知ってますか?

ジェットスター航空 (Jetstar Airways) は、オーストラリアのメルボルンに本社をおく国内線・国際線格安航空会社のことです。格安航空会社のヴァージン・ブルーに対抗するため、カンタス航空によって設立されました。カンタス航空の完全子会社であり、カンタス航空によって2001年11月20日に買収された旧インパルス航空の経営陣によって経営されています。ジェットスター航空は2004年3月25日に旅客運航を開始しました。機材のメンテナンスや運行乗務員の訓練や要請は、カンタス航空等グループのネットワークを使うために安全性の質はたもたれていまするが、サービス面では従来のカンタス航空よりも劣っている様子です。機内食のボリュームや内容も従来のカンタス航空よりも劣っているようです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ジェットスター航空の魅力とは

ジェットスター航空が考える「サービス」とは、皆さま一人ひとりに最適な空の旅をしてもらうこと。食事や飲み物、エンターテインメントなど、必要なものだけをオプションでご利用できるユニークなサービスと、不要なコストの見直しにより、今までにない低運賃を実現しました。「オーストラリアへの航空券は高い」。「安いエアラインは評判がよくない」。そんな思い込みをしていませんか? ジェットスター航空は、今までの常識を鮮やかに変えてしまうエアライン。空の旅を、もっと気軽で快適なものにします。スタークラスでは、全席レザーシートを採用。エコノミークラスに比べスペースが39%広く、座席間隔は約96cm。自分の空間を確保できるほどゆったりくつろぐことができます。旅の負担をさらに軽くするのが、調整可能なランバーサポートやヘッドレスト。リラックスした時間をお過ごし下さい。座席にはパソコン電源を完備。ノートパソコンが使用できるので、移動時間がもったいないというビジネスパーソンにもおすすめです。

ジェットスター航空の感想

ジェットスター航空は、非常に安価です。機内食や毛布はないみたいですね。でも、機内食は日本円で5000円くらいだせばオプションでつけられたと思います。ドリンクのほうも常時購入することが可能みたいです。座席が狭いということもないですし、ちょっとプラスしてお金を支払えば機内食も付き普通の航空会社と同じだと思います。それでも他の航空会社より料金はお安いと思いますよ。ジェットスターに対して不満を言う人もいませんし、全然心配する必要ないと思いますよ。そして、何よりカンタス(日本で言うとJAL)の子会社なのでパイロットも客室乗務員もしっかりとした教育を受けているので安心ですよ。
食事(関空−シドニー線で食事2回、2,100円)
アルコール、食事時以外の飲料
映画等を楽しむためのヘッドセット
オンデマンド・ビデオセット(エコノミークラスでも可・900円)
毛布(空気枕等とセットの「コンフォートパック」として購入・600円で持ち帰り可能)
靴下・アイマスク・歯ブラシ・歯磨き粉等の入った「アメニティパック」
上位クラスである「スタークラス」ではこれらのサービスは無料でです。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ジェットスター航空、乗ってみますか